ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

キット

18mi-1[1]

愛知県 Hさん宅
● 組立時間/7時間

平日のお昼過ぎに「今からショールーム行っていいですか?」と突然お電話したにもかかわらず、快く受け入れて頂き、現地では「どんな細かい事でも疑問に思われることは遠慮無く聞いてください」との誠実な対応には非常に好感が持てました(これは相当自社製品に自信があるなと・・・感じました)。その後のメールのやりとりも迅速かつ適切な回答が得られ、約1週間程で最終結論を出すことが出来ました。色々と選択肢が多く、非常に迷う中、決めるのに大いに役立ちました。結局アマゾンジャラ3305×2200をベースに1段ステップ、2段ステップ、フェンスベンチ(別注)をお願いしました。
<搬入時>
8~9時のみ時間指定が可能だったので、お願いしました。当日は雨でしたので、写真のように車庫の奥に一旦入れて頂きました。梱包が丁寧で、すごいゴミの量になりましたが、これはまあ仕方ないかと思います。
18mi-3[1]

<施工時>
日曜日7時から息子(16歳)と二人で作業を開始しました。あらかじめ整地をしており、束石の位置もポイントを打ってありましたので、12個の束石をならべてその上に調整束をぽんぽんと両端6個設置、大引きを載せて平行を出すまで約1時間くらいで終わったと思います。それから人生初のインパクトドライバーで束石のボルト止めを行いましたが、これは床板のビス打ちのよい練習になりました。それから説明書通り「直角」を確認して、あとはひたすら床板を並べて(ここが最も重労働だったかもしれません)、下穴空け、面取り、ビス打ち156箇所をひたすら行いました(結構楽しい♪)。事前にインパクトドライバーは2台(予備充電付1台14千円、コンセント式1台3千円)用意していましたので、私が下穴空け、息子が面取りと分業出来たので、相当時短になったと思います。さらに別注のフェンスベンチを組み立てましたが、説明書が大変親切で、ほとんど迷うこと無く出来ました(12mmドリルビットと13mmレンチアダプターは事前購入、各5百円程度)。但し、下穴を開ける際に、4mmドリルビットが破損(予備で1本購入しておいたのですぐに交換)、加えてMMSビスが一本破損(下穴の深さが足りなかったと思われます)、今でもベンチの中に眠っております。それから、鼻隠し・ステップ設置と順調に進み、作業開始から約8時間で全工程完了しました。
18mi-4[1]

<感想>
正直、こんなに簡単に出来てしまうとは予想していませんでした、近所のウッドデッキの先輩方もビックリされていました。「この作業手順を考えた人は天才やなあ!」と息子と二人で関心しきりでした。加えて、息子と二人でこんな時間を過ごせたのは久しぶりで、中川木材産業様には感謝申し上げます。最後に今から作業をされる方へ3点だけアドバイスを差し上げます、(1)4mmドリルは破断しやすいので、無理に入れず、異音がしたら逆回転で一旦出して入れ直しながら、慌てずやった方が安全、出来れば予備(四角ビットも)がある方が安心です、(2)ビス穴の面取りの深さを合わせるとより綺麗に仕上がります、(3)作業は出来れば2名で、インパクトドライバーも2台あった方が作業時間は相当短縮出来ます、皆様の楽しい作業を心よりお祈りします。

No. A137

● 設置場所/香川県 Nさん宅
● 組立時間/4日(1名)
元の掲載ホームページ 写真4枚掲載  

全行程1人でやって束石の設置がトータル2日ぐらい…本体も2日ぐらいかかりました。束石はモルタルで固めましたが、とにかくレベル出しって感じで素人には難しかったです。モルタルなしで置くだけでもとは聞いていましたがあえて挑戦(笑) 続いて組み立て。送られてきた梱包数が多いので、どの部材が入っているかを確認にするのに手間がかかりました。できればどのパーツか書いてもらってればありがたいかと。連続して作業できなく置き場所の都合上いっぺんに開梱できなかったので。組み立てはわかりやすい説明書なので、戸惑うことなくスムーズに出来ました。下穴用、ザグリ用、ビス打ち用で3台インパクトを用意していたので、作業も効率よく出来ました。床板までは手伝いも必要ありませんでしたが、横長の重い手摺をどうやって1人でつけようかと…写真の様に梱包用のPPバンドで吊るす方法を思いつき簡単につけることが出来ました。バンドを締めていけばレベルも簡単に出せました。まだまだ寒くでデッキでゆっくりとは無理ですが、暖かくなってぼんやり時間を過ごせる事を心待ちにしてます。色々とお世話になりありがとうございました。

14tn-23[1]14tn-3[1]


 

↑このページのトップヘ