ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

ウッドデッキ

長野県 Mさんの体験談です。
1月にウッドデッキ設置を思いつき、インターネットでいろいろ探していました。
当初は、ユニット式の中国製や人工木も考えましたが、中国製の茶地な安物では耐久性がなくメンテナンス費用が掛かると判断しました。
人工木のものは近所のお宅の庭先にありましたが、雪の重さか日差しのせいか変形しているありさまです。
今回はパーゴラの替わりにテラス屋根を付け、その下に設置することとしたためサイズ的に座りの良いアマゾンシャラにしました。
メールや電話で相談させていただき、こちらの要望にジャストフィットしたものを買うことができたと思っています。
製作にあたっては材質が重くて・硬く大変でしたが、取説が十分だったため、失敗なく短時間で出来上がりました。
今回は普通束タイプとしたため基礎の水平配置が大変でしたが、写真のような水盛り測定器を作成して利用した結果、比較的簡単に水平が出ました。 今後はステップをつけるなど少し手を加えていきたいと思っています。

16am-1[1]
16am-2[1]

● 設置場所/兵庫県 Sさん宅

● 組立時間/16時間 (2人)

元の掲載ホームページ 写真10枚掲載 

南側の庭にウッドデッキを作りたいと思い、初めは既製品を探しました。サイズに拘ったためなかなか気に入るのがなくて、いろいろと探した結果、キットデッキに出会いました。最終決定するまでにもいろんなことが相談でき、アドバイスももらえて、助かりました。梅雨の期間とはいえ、晴れ間の続く週末に4日間かけて、南側のリビングに続くスペースに、間口2180mm×奥行1500mmのデッキを作りました。束石を平に配置するのに苦労しために一日使いました。しかし、調整束のおかげで、バランスをとるのは、大変楽でした。18000円の値打ちは十分在ったと思います。調整する過程も楽しみました。 また、インパクトドライバーを購入して始めて使いました。便利な道具で、昔の電動ドライバーとは、比べられないくらいの威力でした。板の表裏の選別には迷いました。少しのひび割れ、ザラザラ感や節などの判断をしなくてはいけなかったからです。しかし、だんだん出来上がって来ると思っていたよりずっと素敵に思えて、張り切って仕上げるようと頑張りました。マニュアルも細かい点に対する注意が行き届いているので、最後の手摺の作成もうまくいき、無事出来上がりました。非常に頑丈にできたのは驚きでした。庭で野菜作りを楽しんでいるので、デッキ上に座って作物の出来具合を眺めていると、少し苦労したけれど、作ってよかったとひしひしと感じています。

 13ys-11[1]
13ys-21[1]
13ys-4[1]
13ys-7[1]

私達の会社ではDIY用にキットのウッドデッキを製造していますが、購入されたお客様が、完成したウッドデッキの写真と感想や体験談を送ってくださいます。そのお客様は購入したきっかけとして、その前に組み立てをされたお客様の体験談を読み、これなら自分でも出来ると思われたのです。前の人の感想や意見、小さな失敗などが、自分が作成する時に役にたったというのです。この繰り返しの連鎖が起こっており、現在600人以上の方から、貴重な体験談を頂いております。
これからウッドデッキを製作しようと思われる方にとって、きっと役に立つ話があると思い、ここにプログを作成することにしました。
09mm-1[1]

ウッドデッキ、フェンスなどの木製エクステリアのメーカーです。
キットデッキ(組立キットのウッドデッキ)は国内製造です。
創業103周年 中川木材産業株式会社
〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13
TEL:072-361-5501  FAX:072-362-3341

 

No. A137

● 設置場所/香川県 Nさん宅
● 組立時間/4日(1名)
元の掲載ホームページ 写真4枚掲載  

全行程1人でやって束石の設置がトータル2日ぐらい…本体も2日ぐらいかかりました。束石はモルタルで固めましたが、とにかくレベル出しって感じで素人には難しかったです。モルタルなしで置くだけでもとは聞いていましたがあえて挑戦(笑) 続いて組み立て。送られてきた梱包数が多いので、どの部材が入っているかを確認にするのに手間がかかりました。できればどのパーツか書いてもらってればありがたいかと。連続して作業できなく置き場所の都合上いっぺんに開梱できなかったので。組み立てはわかりやすい説明書なので、戸惑うことなくスムーズに出来ました。下穴用、ザグリ用、ビス打ち用で3台インパクトを用意していたので、作業も効率よく出来ました。床板までは手伝いも必要ありませんでしたが、横長の重い手摺をどうやって1人でつけようかと…写真の様に梱包用のPPバンドで吊るす方法を思いつき簡単につけることが出来ました。バンドを締めていけばレベルも簡単に出せました。まだまだ寒くでデッキでゆっくりとは無理ですが、暖かくなってぼんやり時間を過ごせる事を心待ちにしてます。色々とお世話になりありがとうございました。

14tn-23[1]14tn-3[1]


 

↑このページのトップヘ