ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

ウリン (アイアンウッド)

当社でキットデッキを購入されたお客様の中には人工木材とか樹脂木利用のウッドデッキを検討されていた方も多くいます。
今日はそんな方々の心の変化を●ビフォー、◎はアフター的に作成しました。お送りいただいた体験談の中からそれらの部分のみピックアップしました、全文はホームページをご覧下さい。(https://wood.co.jp/deck/example/)


写真1
●当初は、ユニット式の中国製や人工木も考えましたが、
中国製の茶地な安物では耐久性がなくメンテナンス費用が掛かると判断しました。人工木のものは近所のお宅の庭先にありましたが、雪の重さか日差しのせいか変形しているありさまです。7
17ks-2


写真2
●当初はリフォーム店に人工木のウッドデッキの見積をとってみたところ、予想より高額で断念。
◎購入の決め手はデッキキッドのため、素人でも組み立てが容易であること、耐久性 が優れている点、そして金額的にも予算内に収まること、自分でつくることで愛着をもって使用できる点にありました。
16kh-1



●最初は人工木のウッドデッキで考えていましたが、
◎製作段階では、うまく完成できるのか心配になることも多々ありましたが、最終的には見た目や質感も良く自分で作った満足感があるので、購入してよかったと思います。
写真3

16am-2


●「人工木は夏には熱くて上がれないよ」と知り合いの大工さんに云われてからは、
◎とにもかくにも調整束を信じてマニュアル通りに組み立てたら結果としてがっちりと出来あがりました。 
写真4
15ms-4


●人工木のウッドデッキを頼もうかと思っていたときに 
◎調整束はすぐれもので、土地の傾斜を吸収してくれました。
写真5

16fy-5

先日注文させていただいたウリン材2段ステップを組み立てました。 そこそこドライバーが使えるDIY好きの夫に組み立てと土台をお願いしましたが、土台の整地が1時間半ほど、組み立て自体は30分程度だったようです。(一人で作業)ウリン材というものは初めてでしたが、とてもキレイな色で、耐久性も期待できます!また、組み立てだけなので素人でも安心の安定感です。想像以上に良い商品で大満足です。ありがとうございました!

18ym-1

17sa-2[1]

神奈川県 Aさんの体験談です。
組立時間は2人で15時間
初めてのDIYで、正直ここまで綺麗に完成できるとは思ってもおりませんでした。
嬉しい予想外でした!
自宅を新築して小さいお庭に何をしようと一年間考え続けており、ウッドデッキがいいけど業者に頼むと高いしなぁと尻込みしておりましたが、DIYでも質が高いものが出来ると中川木材産業さんのHPにたどり着くことができました。
しかしながら何せDIY超初心者のため、本当に自力でできるのか不安もありました。
メールで問い合わせの際も「わからなかったらお伺いしても良いですか?」とご連絡してしまいました。
 他の方のコメントを見て、初心者でも出来たって書いてあるし、それを信じてしまえっと清水の舞台から飛び降りる思いで決断しました。送られて来たウッドデッキには、分かりやすい説明書が入っており、頭の中でシュミレーションするとができました。
主人と2人で試行錯誤、床板が付いた時点で2人で感動しました
。不安だったウッドデッキ製作は、思いの外簡単にできてしまいました。
ただ、我が家は土台が土の上で、平らにするのが大変でこれが一番時間がかかりました。
ウッドデッキの質も形も大満足です。窓にフックが付いているので今後は日除けを買って手すりと繋げようと考えています。
たのしみです。
中川木材産業さん、とっても素敵なウッドデッキありがとうございました!

ウリンを利用したキットデッキのりご紹介です。手摺りの支柱が立っていて、どのように留めているか不思議でしょうけど、下からボルトで引っ張っています。当社の特許工法で、金物で取り付けるより強度があり、金物が見えません。お客様のは茨城県 Tさんですが、感想を掲載します。
11tt-3[3]
11tt-3[3]

 
束石は注文時点で仮設置してありましたので材料到着後は水平だけ確かめてすぐに組み立てを開始しました。
下穴を十分にあけるなど慎重に施工したことと、サッシとの取り合いで鼻隠しの端部を切り落としたりの作業がありましたが組み立てマニュアルもわかりやすく特に問題なく施工できました。
インパクトはアドバイスを参考に思い切って135kNのものを購入しました。途中で片側の四角ビットが欠けましたが残ったビットで最後まで大丈夫でした。
一人で全て施工しましたが最後のサンドペーパーがけと並行して自作した階段(レッドシダー)まで含めて所要時間は1.5日です。出来映えには大変満足しています。
特にウリンの質感と木肌はすばらしくレッドシダーの階段を作りながら両者を比べることになりましたがその差は歴然です。

少し事情があり更新できませんでした。また再開します。
17ht-11[1]

熊本県 Tさんからのお便りです。
組立時間は16時間 (女性・1人)

今回最も苦労したのは、デッキのレベル出しでした。
今回設置した場所が、一部コンクリートを含む土の地面であったため、幅方向での水平だし及び奥行き方向での微妙な排水用傾斜を出すのに苦労しました。キットの組み立て自体はさほど難しくはありませんでした。
ただし、ウリン材が予想以上に重く、女性1人での作業や、子供に手伝ってもらう際は特に気を付ける必要があると思いました。
キットで1つだけ残念なことがありました。それは床板パネルが2列セットになっていることです。
2列セットになっているおかげで、パネル1列1列の間隔を均等に合わせることが出来ない、つまりパネルの間隔が1列おきに広い、狭い、広い、狭い・・・となってしまう事です。

2列セットの床板間隔に合わせてデッキ幅ぴったりになれば良いですが、実際にはそうなっていません。
また、組立マニュアルにはスペーサを床板1列毎に挟む様な絵になっていますが、2列セットの間のスペーサは調整出来ないため意味がなく、悩むところとなりました。
結局、床板の固定は1枚毎にする必要があるため、2列セットにする意味は無いのではないでしょうか。
全体としては非常に満足しています。
施工から1か月半ほど経ち、床板表面が若干色あせ始め、少しづつ木目が際立ってきて良い感じです。

↑このページのトップヘ