ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

No. A135

● 設置場所/愛媛県 Yさん宅
● 組立時間/10時間(1名)

元の掲載ホームページ 写真5枚掲載  

ずっとほしいと思っていたウッドデッキをようやく作ることができました。最初はもっと大きなものを考えていましたが、まずは試しに小さなものからにしようと2180×1400のサイズを注文しました。基礎の水平をとることがなかなか難しかったのですが、途中で「調整束があるんだから、あまり気にしなくていいか?」と開き直り、適当なところで組み立て作業に移りました。調整束の効果は絶大で、簡単に大引、床板の水平を取ることができました。(ただ、調整束の余った部分の切断が体力的にとてもしんどかったですね。)あとは、インパクトドライバーでバシバシとねじ止めをして、あっという間に完成しました(インパクトドライバーはバッテリー式ではなく、電源コード式(8千円程度)を使いました。バッテリー切れを気にすることなく、トルクも十分でおすすめです。)。部材の加工精度が高いので、ストレスなく組み立てることができました。中川木材産業さんにして大正解でした。次はもう少し大きなものにチャレンジしようと思います。

 14ky-3[1]
14ky-2[1]

No. A136

● 設置場所/神奈川県 Iさん宅
● 組立時間/7時間(1名)

元の掲載ホームページ 写真4枚掲載   

バルコニーにウッドデッキを設置するつもりで家を建てましたが、実際どのデッキにしようか悩んでました。キットデッキなら本物の木で安く建てられることをネットで知り、中川木材産業様にお世話になりました。確かにハードウッドは重いです。どっしりしています。デッキを設置したのは2階でしたが、ウッドを2本まとめて持ち上がること10往復。翌日、軽い筋肉痛になりました。また木造住宅のため、そんな重いデッキを2Fに設置して大丈夫か心配でした。縦の長さ2550mmの場合、アマゾンジャラだと1本、4kg程度。合計~80kgということで大人一人分ぐらいの重さで、家を設計した会社にも聞きましたが全く問題ないとのことでした。ハードウッドは確かに堅く、インパクトドライバでも一発では穴は開きません。当初、会社から帰っての夜に作業してましたが、夜にキュルキュル音をたてるのは近所迷惑かなと思い、実際作業したのは、休日の昼間です。この穴を開ける作業に最も時間を費やしたような気がします。ただ今回、普通束だったので、高さを調整して穴を開けてネジを入れてしまえば完成でした。当初、樹脂タイプのウッドデッキを検討してましたが、製作してみてやはり本物の木はいいなぁと感じています。

 15yi-3[1]


No. H214

● 設置場所/熊本県 Tさん宅
● 組立時間/2日(1人)

元の掲載ホームページ 写真4枚掲載   

お正月に、間に合わせてくださってありがとうございました。息子夫婦、娘夫婦共々に、完成したところを見せることができました・腐れてしまっていたデッキを、次は、腐れない人工木で作ろうと、ネットを見ていて、ウリンというものを見つけ、そこからいくつも調べ、ウリンの良さを知り、乗る気でない主人を、説得し、やっとの思いで注文しました。ホームセンターなどで、見て、触って確かめてしか買わない世代の、私たちは、ネットで買うという、不安があります。ちゃんと送ってくるまで、不安でした。粘って説得した手前、変な物だったらと、心配しました。綺麗にカットしてあるし、説明書もわかりやすいし、あんなに嫌がってた主人が、あっという間に、作り上げてしまいました。最悪、私が作る羽目になるかと思っていましたが、鼻隠しの所だけ、手伝っただけで、楽しんで、作ってました。手違いで、束が、三個足らないという手違いがありましたが、社長さんらしい方が、電話に出られ、迅速な対応でしていただいたことで、主人も、信用したみたいです。鼻隠しのところだけの手伝いですが、2人束が、ちゃんと送って来ていたら1日で、出来上がったと思います。束3本残して、だいたいは、作り上げていましたから。2日間になりました。
14kt-1[1]
 

↑このページのトップヘ