ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

設置場所/愛知県 Hさんの体験談です。 
組立時間/7時間

平日のお昼過ぎに「今からショールーム行っていいですか?」と突然お電話したにもかかわらず、快く受け入れて頂き、現地では「どんな細かい事でも疑問に思われることは遠慮無く聞いてください」との誠実な対応には非常に好感が持てました(これは相当自社製品に自信があるなと・・・感じました)。その後のメールのやりとりも迅速かつ適切な回答が得られ、約1週間程で最終結論を出すことが出来ました。色々と選択肢が多く、非常に迷う中、決めるのに大いに役立ちました。結局アマゾンジャラ3305×2200をベースに1段ステップ、2段ステップ、フェンスベンチ(別注)をお願いしました。<搬入時>8~9時のみ時間指定が可能だったので、お願いしました。
18mi-1

当日は雨でしたので、写真のように車庫の奥に一旦入れて頂きました。梱包が丁寧で、すごいゴミの量になりましたが、これはまあ仕方ないかと思います。

<施工時>日曜日7時から息子(16歳)と二人で作業を開始しました。あらかじめ整地をしており、束石の位置もポイントを打ってありましたので、12個の束石をならべてその上に調整束をぽんぽんと両端6個設置、大引きを載せて平行を出すまで約1時間くらいで終わったと思います。それから人生初のインパクトドライバーで束石のボルト止めを行いましたが、これは床板のビス打ちのよい練習になりました。それから説明書通り「直角」を確認して、あとはひたすら床板を並べて(ここが最も重労働だったかもしれません)、下穴空け、面取り、ビス打ち156箇所をひたすら行いました(結構楽しい♪)。事前にインパクトドライバーは2台(予備充電付1台14千円、コンセント式1台3千円)用意していましたので、私が下穴空け、息子が面取りと分業出来たので、相当時短になったと思います。さらに別注のフェンスベンチを組み立てましたが、説明書が大変親切で、ほとんど迷うこと無く出来ました(12mmドリルビットと13mmレンチアダプターは事前購入、各5百円程度)。但し、下穴を開ける際に、4mmドリルビットが破損(予備で1本購入しておいたのですぐに交換)、加えてMMSビスが一本破損(下穴の深さが足りなかったと思われます)、今でもベンチの中に眠っております。それから、鼻隠し・ステップ設置と順調に進み、作業開始から約8時間で全工程完了しました。<感想>正直、こんなに簡単に出来てしまうとは予想していませんでした、近所のウッドデッキの先輩方もビックリされていました。「この作業手順を考えた人は天才やなあ!」と息子と二人で関心しきりでした。加えて、息子と二人でこんな時間を過ごせたのは久しぶりで、中川木材産業様には感謝申し上げます。


18mi-3
最後に今から作業をされる方へ3点だけアドバイスを差し上げます、(1)4mmドリルは破断しやすいので、無理に入れず、異音がしたら逆回転で一旦出して入れ直しながら、慌てずやった方が安全、出来れば予備(四角ビットも)がある方が安心です、(2)ビス穴の面取りの深さを合わせるとより綺麗に仕上がります、(3)作業は出来れば2名で、インパクトドライバーも2台あった方が作業時間は相当短縮出来ます、皆様の楽しい作業を心よりお祈りします。

18mi-2
18mi-4

設置場所/宮城県 Sさん宅
● 組立時間/12時間

洗濯物干し場兼くつろぎの場としてウッドデッキを作成することにしました。たくさんの製作例のHPを見て,これならできるかなと考えて中川木材産業さんに注文しました。
注文前に電話で2回,メールで4回ほど不明な点を質問をしました。担当者様からはその都度丁寧な説明があったので何とか自分でも作れるかなと思い,製作を決めました。設置場所が芝生とコンクリートの土間にまたがっていて段差があり,普通束と調整束のミックスの施工なりました。
HPの作成談では,皆さん数時間~10時間程度で仕上がっていたようですが,連休だったこともあり,私は息子と一緒にゆっくり時間をかけて4日ほどかけて作りました。
作成時間は実質12時間程度だっと思います。改めて感じたのは調整束は優れものだということです。水平を取ることに一番不安があったのですが,この調整束のおかげでほとんど苦労することなく作業を進めることができました。
水平を取って大引きを設置してしまえばあとは作業は順調。アマゾンジャラは板そのものが堅いので,丁寧にドリル作業とビス留めをする必要がありましたが出来映えに私も息子も家族も大満足。オプションの階段はアマゾンジャラ用のものがありませんでしたので,レッドシダーの階段を取り付けました。
多少の色の違いあるものの,いい感じで組み合わせられました。
最後に「お盆の連休期間に作りたい」という希望に合わせて,加工と発送を急いでいただきましたことに感謝いたします。貴社の丁寧な対応のおかげで大変満足のいくウッドデッキを作ることができました。
17ms-21[1]

17ms-1[1]

リピートのお客様
当社はインターネットで通信販売しています。そんな関係で楽天、ヤフーなどのセミナーなどに出席すると、きまって、リピート客をどうのこうのする、の話がでてきます。いかにリピート客を取り込むか。会員登録したり、メルマガ発行したり、エネルギーがかかる仕事です。
でも、当社のリピートのお客様は、通常のネット販売のお客様と異なります。このビジネスの当初はリピートのお客様なんで、当社では関係のないことと思っていました。しかしこれは間違いでした。相当な年月を経てリピート注文がきます。
そして最近はリピートのお客様が増えてきました。
ありがたいことです。

181107

写真はは20年前に購入された。キットデッキ コンセという商品で材質はカナダ産のウェスタンレッドシダーです。
レッドシダーで20年は耐用年数としては長い方です。大切に使っていただいたのだと思います。

以下、大阪府 Iさんからの感想メールです。

20年の間 愛用して来た御社のウッドデッキもここにきて床面や手摺りの
一部が腐り落ちたりと随所に痛みが目立ってきました。

そこで御社のショールームを見学させていただき、この度ニュージーランド産の木材をベースにしたE-wood deckを購入することにしました。

これまでのレッドシダー材と異なり、今回のNZ産木材は材質が硬く丸い節が表面に現れていない事から雨が内部に染み込むリスクが比較的低いのではないかと期待しています。

また、取り壊した前のデッキ材ですが腐っていない木材は捨てるのが惜しく白くペンキで塗り直して庭の垣根に再利用しました。

これまでは、フェンス越しに家の中を覗かれる懸念がありましたが垣根にした事により、ちょうど外からの目線をかわす事が出来、想定外の効果に大満足。

秋の好天にも恵まれ 楽しく組み立て作業に取り組む事が出来ました。
また私に対する家族の評価もグンっと高まった点が嬉しくやりがいを感じています。

以上ですが、このハードウッドのブログにどうしてこれを掲載するかというと、このニュージランド産の木材はソフトウッドとハードウッドの良いところを兼ね備えた木材なのです。ウリンなどのハードウッドの良いところというば、耐久性ですね。このニュージランドで製造された木材も耐久性があります。腐れに対しては20年保証をつけようと検討中です。そしてワレ、ソリなどの欠点はソフトウッドと同様です。

↑このページのトップヘ