ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

福岡県 Oさんの体験談です
17ho-21[1]


新築時からウッドデッキを作りたいとこれまでホームセンターなどを探していましたが、材質やデザイン等が自己のイメージと合わないのと設置場所にテラスの支柱や雨水枡がある事も決断できない要因でした。

そんな中、偶然ネットで中川木材さんを見つけ、価格は高いなあと思いましたが、さまざまな樹種やサイズの中から細かく選択でき、長持ちしそうなアマゾンジャラを問い合わせすると、即座に雨水桝内のメンテが出来てテラスの支柱内に収まる助言や設置図面を戴き、その後もこちらの要望に何度も図面変更をしてもらい、一大決意して製作する事にしました。

材料が到着前に基礎工事を済ませておこうと思っていましたが、意外に最適な束石9個が見つからず、到着後となりましたが、150mm×150mm×150mmのサイコロ形状を購入し、束を乗せる面が小さいので、何度も設置図面と睨めっこして位置を合わせ直し、地中に半分程埋め込みました。

製作は、木材搬入時が雨で長引き、置き場が玄関やお縁等バラバラとなってしまい、搬出まで木の匂いが部屋中に漂い続けました。仕事や他事で作業も飛び飛びになってしまうので、その度に前回までの進捗状況確認が必要となり、作業が長期化するハメとなりました。

調整束で大引きの水平出しは思ったより簡単にでき、取り付け床板は正確にカットされているので、板反りはあるものの鼻隠しも含めて壁間と支柱間の隙間が5mm程と超精密級の取り付けとなりました。

手摺りは12mmΦの木工ドリルを購入して図面通り床板に穴開けし、手摺り柱へのボルト取り付けもワッシャーガイドを使う事なく、自宅のモンキーレンチで締め付け固定でき、横板や笠木を取り付けてついに完成出来上がりました。

妻も思っていた以上にガッシリとした骨格とデザインや色が気に入ってくれ、褒めてくれました。

『DIY初心者が作ってもプロ以上の仕上がりに』がコンセプトのプロ以上とまではいきませんが、十分見栄えのする我が家のウッドデッキに仕上がったと自負しています。

今後は、階段をどう製作するか、もう一つ楽しみが残っています。

今回の製作で一番助かったのは、ドリルビットを始め、ほとんどの工具が付属していた事と組み立てマニュアルが絵付きの説明で、非常に分かり易かったことです。

しかし、ハード木は重たく非常に硬かったです。

あちこちに散らばった置き場から床板を持って来るにも1枚がやっとです。

特に鼻隠しは重い板の双方を持ち上げなければならない為に一人では無理で、荷造り紐で双方を上から吊るして、付属のクサビやそれに似たあり物を紐に差し入れて高さを調整して穴開けやビス打ちをしました。

最後に、練習セットで何度か穴開けやビス打ちの訓練をして臨み、特に穴開けは1回おきにドリルビットや四角ビットを交換して熱を冷ますようにしましたがドリルビット折れ  :6本(2本は木中に刺さったまま)NMSビスの頭潰れ :5本 四角ビット潰れ   :2本 と悲惨な状況となり、ビス打ちの締め付け具合も場所によっては硬さが違ったりして、マニュアルの『ビスの頭は少し沈めるぐらい』にはなかなか仕上がりませんでした。


大阪府 Aさんの体験談
インパクトドライバは初めて使いました。
マニュアル通り、練習したつもりでしたが、
① 束と大引きをなべネジで固定する際、プラスビットを欠けさせてしまいました。これは一気に回そうとしたために負荷がかかってしまったと思われます。 

② 床板、鼻隠し取り付け時、四角ビットが食い込み過ぎて3箇所ほど板がめくれ上がりました。これもトルクのかけ過ぎが原因だと思います。円形のペーパーやすりビットを持っていたので、それでめくれ部分を均しました。

③ タイル張りのテラスだったので、束石は置かずに束の底にアドバイス通り、合成ゴム、クロロプレンを貼りました。庭側に3mm厚、建物側に1mm厚としましたが、それでも水平は取れず、悩みましたが、そのまま進行しました。

④ 手すりの横板のすきま間隔を均等にするのにはちょっと考えましたが、小さい方の寸法が30×25だったのでそれを利用して2本重ねて60または50にして行いました。最後のほうで足らなくなったら、端材の板をかませて行いました。あとは終始快適に進めることが出来ました。

とても楽しかったです。これも取説と丁寧なアドバイスのおかげだと思っております。孫の代まで残せる立派な出来だと自負しております。ありがとうございました。
17ma-2[1]
17ma-1[1]

ウリンのウッドデツッキ 栃木県 Sさんの体験談です。
全文掲載します。

ウッドデッキキットが配送され、まず梱包が丁寧にされており、特に、床板パネルは一個一個個装されており、丁寧な扱いがされているなという印象を受けました。
.
13ys-3[1]

しかしながら、DIYの超初心者(家具に電気配線を通すために初めて電動ドリルを購入し、1回だけ使用経験あり。今回インパクトドライバも新規購入、使ったことなし。)であり、どうなることやら、不安を抱き作業を進めました。
.
1日目は、まず束柱と大引きを組立て、予め、ざっくりと設置しておいた束石に設置、一部犬走りに設置する箇所があったが、そこは左官屋さんが手作業で仕上げ塗りをしており、高さが若干違っていたものの、ホームセンターで買ってきた板ゴムで調整。その他の部分もやや不正確なところもあったものの、中川木材さんから、”多少の差がありましても上にデッキが乗ると、いずれなじんで、束石は下がりますので、あまりシビアーにお考え頂かなくとも問題ありません”とメールを頂いていたので、精度が悪いところもあったもののこれにてGO。
.
防草シートを敷き、砂利を投入、床下作りをし、親戚が来たので、両端に床板パネルを設置(乗せただけ)し、今日はこれでひとまず終了。超初心者らしく、束石がちゃんと設置されているにも拘わらず、メジャーで測ったら、10cm建物側より離れているということで砕石再投入、束石移動したが、再度測り、勘違いをしていたことに気づき又元の位置に戻すというチョンボもありました。(ゆっくりやって、4~5時間程度の作業)
 
翌日、両端に置いた床板パネルの直角出しを行いました。対角線を図って直角出しをする前には、ちゃんと取り付けていると思っていたが、数センチの誤差が発生しておりどうなる事かと思いましたが、指示通り一部ビス留めをし、押したり引いたりし、思ったよりも簡単に作業が終わりました。(ひし形になっている状態でビス止めをし、正方形に補正をする作業) 事前に計算をし、対角線長を出していたので、片側だけを測定して大体判りましたが、念のため両方を測り確認。
.
あとは、残りの床板パネルを乗せ、スペーサを挟み、ビス打ち位置をメジャーで測り、穴あけ、皿取り、ビス打ちと、66か所あるので時間はかかるが特に大きな問題もなく順調に作業が行えました。 ここでのポイントとしては、外側の位置のスペーサが最後の1枚が入らなく、同梱のくさびで隙間を無理やり作り何とか入れたこと。スペーサを抜くときはマニュアル指示通りくさびを打ち込みスペーサを抜きました。
.
若干の誤差の影響で間隔が狭くなっていたと思いますが、キットの中にちゃんと対応パーツが同梱されており、色々考えられているキットだと感服した次第です。

手摺は、ウッドデッキ完成を待ってオーダー。特に難しいことはなかったものの、一人で組立をおこなうために、仮止めをするのにクランプを使い作業。

天候が悪く、また、その間に所要もあり、作業は3日に亘ったものの、実質1日(6~7時間程度)で完成。DIYが初めてでも、中川木材さんのキットは、寸法精度が高く、組立誤差が最小限に抑えられトラブル発生はまずないと思います。

従い、DIY初心者の方にとっては、 
1)あせらず(ゆっくりと落ち着いて)、
2)必ず立派なものができると自信、確信を持って、作業をすれば全く問題ないと考えます。

皆さんの健闘を祈ります。

5月にはウッドデッキの目の前のバラがきれいな花を付けると思いますが、ウッドデッキから眺められることを今から心待ちにしています。

↑このページのトップヘ