ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

熊本県 Fさんの体験談
庭の不陸が激しいので、ウッドデッキ自作を億劫に思っていたところ、貴社のキットデッキをネットで見つけ、これならいけるかと思い発注しました。
さらにハードウッドを知らず防腐剤注入の木材に塗装し製作するつもりでいたところをアマゾンジャラのキットでその手間も省くことができました。
束石の配置には多少時間を割かざるをえませんでした。というのもMサイズの調整束を最低高をクリアするのに、3~5センチほど掘らなくてならない位置もあったからです。それほどひどい不陸でした。ある程度の水平をとり並べていきましたが、個々の高さを気にしなくてよいのは、随分楽でした。後日材料が届き早速マニュアルに沿って作業を始めました。
犬走りに多少の勾配があったので、アドバイス通り合成ゴムを普通束の底面に貼り付け配置。
大引を乗せて固定。その大引をジョイントするのにてこずりました。大引が真っ直ぐになるようジョイントしたのですが(当たり前でしょうけど)、すると短い大引をささえる束が建物と反対側に倒れてしまいます。
仕方がないので建物と束の間にツッカエをいれて作業を続けました。初日は大引、床板の水平をとり、対角線をあわせ両端の床板を固定するところまで進みました。二日目は床板はりと鼻隠で完成いたしました。
床板はりは順調に進みましたが、意外と座彫りが難しい印象があります。ふかく彫りすぎたりしたところもありますが、自分の仕事としてまあこんなもんかという思いもあります。プロならこんな風にしないだろうと。
ある種先を考えるとそこからささくれがたつ可能性がおおありでしょうが、ちまちまとやすりでけずることにします。
ビスも真っ直ぐには打ちませんでした。水引きをはるのが面倒で・・・よれたラインも素人っぽくてそんな悪くありませんよ。製作にかかったのは、束石配置一日、大引き一日、床板張り一日、計3日間。自分ひとりでやりました。
あと10セットほど経験をつむと、2日か1日半でいけそうですが、だいたい、なーるほどねーとなれてきたころには完成してしまいます。
そして、高耐久性のデッキということであれば、つぎ製作するころには、また初心者にもどっていることでしょう。本当に楽しい作業時間でした。
16sf-2[1]

愛知県 Yさんの体験談
自作の縁台が経年劣化でささくれだってきたので、心機一転ウッドデッキに挑戦することにした。
インターネットサーフィンの果てに辿り着いたのが貴社HPでした。
木製の耐用年数に不安があり人工木デッキに傾いていましたが、「人工木は夏には熱くて上がれないよ」と知り合いの大工さんに云われてからは、真剣に木製を探しました。
ハードデッキ材が有ることも知らない門外漢でしたが、試行錯誤の末何とか完成に至りました。
サイズは間口:2180×奥行:1300でした。
傾斜のある犬走りにきちんと水平をとるには如何すればいいのかと素人なりに真剣に悩みました。
悩んだ挙句に会社に電話相談しました。
素人の悩みに見事に対応しているのが調整束でした。
悩むよりも慣れろというのが私の実感です。
とにもかくにも調整束を信じてマニュアル通りに組み立てたら結果としてがっちりと出来あがりました。
 独り作業で正味3日程かかりました。
工具セットの4ミリドリル刃は穴あけ作業中に折れてしまいホームセンターに走りましたが、店の棚には一本しかありませんでした。
これを折っては組み立てられないと慎重に連続使用を止めましたので以後は折れていません。

16fy-5[1]

16fy-2[1]

大阪府 Sさんの体験談
ウッドデッキ作成を検討するようになりいろいろなwebサイトを調べました。
一番不安だったのが設置を検討している場所がコンクリート地で勾配がきついということでした。
そこで中川木材産業さんに相談だけさせていただくと、まず調整束を普通束に変更し勾配に合わせて束柱をカットさせていただきますと言って頂きました。
早速高さを計ってご連絡させて頂きましたが、結果は勾配が三次元になっているために束柱の三次元カットは不可能ということで、コンクリート地の上にモルタルを塗りその上に束石を置いて上からコンコンとたたきながら水平をとるのが望ましいということでした。
そんなことまでできないかもと落胆しましたが、毎回わかりやすく丁寧にそして図まで添付して教えてくださったのでできるような気がいたしました。
そして教えて頂いた通りに作業をし無難に基礎が完成しました。
家から近いので束石も木材もその都度引き取りに行かせて頂きました。デッキの土台の部分は家の玄関内で音が外に漏れて近所迷惑にならないように夜な夜な少しずつ作りました。
その後は順調に床、鼻隠しそしてフェンスと仕上げることができました。鼻隠しとフェンスの横板は一人では難しかったですが、クランプを使ったりお試し用で頂いてる木材を利用して位置決めをし片方を借り止めしたりでなんとか一人でできました。限られたスペースになおかつ邪魔にならないようにコンパクトなデッキにしました。
すごく可愛いらしいデッキですがものすごく頑丈です。本当に中川木材産業さんに相談して良かったです。これからもいろいろつくっていきたいです。

16as-1[1]

↑このページのトップヘ