ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

茨城県 Sさんの体験談
憧れのウッドデッキを作るに際し、普通のウッドデッキは耐用年数が少ないと聞き、ホームセンターめぐりをしていましたが、人工木のウッドデッキを頼もうかと思っていたときにハードウッドの存在を知りました。しかしホームセンターでは加工が難しく、木材のカットサービスも行っていないとのことで、諦めていたときに、ネットでハードウッドのキットデッキがあるのを見つけたときに、これだと思いました

。ウリンとアマゾンジャラと迷いましたが、サイズが豊富なのと庭にやや傾斜があるので、調整束のついているアマゾンジャラを選びました。開口2305 奥行き1600 サイズで犬走りの上は標準束にし、束石もオリジナルの17cm 角のものを購入しました。初日は半日かけ 芝生をはがし、防草シートを敷き、束石をならべ 束の水平をとって 大引きを固定するまで行いました。

調整束はすぐれもので、土地の傾斜を吸収してくれました。この日は午後から用事があったので、ここまでとし翌日いよいよデッキの板をしく作業を開始しました。今回自宅に18Vの充電式ドリルドライバーがあったので、お試しセットで問題なくビスうちができたので、これを使いました。あとあとこれがまずかったかなと思いました。ビスうちは最初は順調でしたが、やはりドリルドライバーではやや力がないのか最後の押し込むところでやや空回りすることが、多くありました。

ドリルの下穴を十分空けるように注意してはいましたが、深くドリルで穴を空けたときに2回ドリルの刃が折れ、ホームセンターに走りました。また 空回りが多くなり スクエアのビットがだんだん丸くなり、ついに最後の数本ねじ穴をだめにしてしまい、ビスが抜けなくなりました。デッキ製作は1日でできましたが、その後この飛び出たビスを抜くのに四苦八苦しました。比較的緩かった2本は何とかペンチで回りました。

デッキ上の1本どうしても抜けず、ねじザウルスもだめ、ねじ取り外しビッドでもビスが固いためドリルで穴が空かずだめ。泣きそうになり、中川木材さんにご相談したら、丁寧に対処法を返信いただき、本当にありがとうございました。

結局 デッキ上のビスは全体重をかけ,ドリルで抜こうとしたのが功を奏し、根本で折れ、きれいにデッキ上からなくなり デッキが完成しました。DIY初心者の私ですが、数々失敗しながらも なんとか作れました。反省点として、最初からパワーのあるインパクトドライバーを使用する方が 失敗は少ない。下穴を十分に空ける。その際ドリルをおらないように気をつける。釘穴をなめないように ビットがまるくなってきたなと思ったら 早めに新しいものに取り替える。などでしょうか?なにはともあれ 何とか完成してよかったです。15ms-4[1]

茨城県 Kさんの体験談

ウッドデッキのない我が家でしたが、晴れた日に庭を有効活用したいと思い色々と探していたところ中川木材産業さんのキットデッキに辿り着きました。
ホームセンターでも検討していましたが、他の方の施工例を見てこちらに決めました。
当初はレッドシダーを使った「キットデッキ ラクーナ」にしようと思っていましたが、ほぼメンテナンスフリーのハードウッドもいいなと思い、「キットデッキ ハード アマゾンジャラ」(2555×1400)にしました。 

製品が届くまでは一人で作れるか不安もありましたが、いざ作ってみると思っていたよりも簡単にできました。
製品が届く前に整地、防水シート張り、砂利敷きをしていたおかげで組立て当日の作業は比較的楽でした。
水平をとるのも調整束のおかげで難しくはありません。調整束が購入を決めたポイントでもありました。
初めてのインパクトドライバー使用でしたが、練習用の「お試しセット」のおかげで本番で失敗はありませんでした。
ビスの数だけ下穴あけと面取りカッターでの座掘りをしなければならず、ハードウッドのためにドリルを冷ましたりと時間がかかりますが、難しくはありませんでした。
最後の鼻隠し取付は1人では持ち上げながらの取付は非常に難しいため妻に手伝ってもらいました。
 
耐久性を考え樹脂素材のウッドデッキも検討しましたが、アマゾンジャラは手触りも良く、木のぬくもりもあり、これにして良かったと思います。自分で作ったため愛着もあります。さっそく家族でバーベキューをしました。 

説明書が非常にわかりやすく、必要な水準器とインパクトドライバー以外材料がそろっているキットのため、初めてウッドデッキをDIYするという方に自信を持ってオススメできます。

ウッドデッキアマゾンジャラ

組立ウッドデッキ

兵庫県 Yさんの体験談です。品名は「キットデッキ ハード/アマゾンジャラ」です。

16ky-2[1]

妻のご両親が自宅にウッドデッキを作成したいと言うことで、どんな会社があるのかネットで調べました。
いろんな会社がありましたが、木材のみを販売している会社が多く、誰でも作成できるような製品は小さなデッキを組み合わすような仕組みの物が多く満足度は低い物ばかりでした。
しかしこちらのキットはプロの方が作成するような大きなデッキを素人でも作成できる工夫がしてあり、またプロ以外には難しいとされているウリンやアマゾンジャラなどのハードウッドのデッキでも作ることができます。
こちらのウッドデッキキットの一番の特徴は高さの調整を束ごとにできる点です。
通常デッキを設置する地面は意外に凸凹していて、全体の水平を保つためには束ごとに長さを調整する必要があります。
こちらのキットは簡単に長さの調整ができ、しかも確実に固定できます。
電動ドリルぐらいは使ったことがありますが、DIYを趣味にしているわけではなく、インパクトドライバーを使ったことがなかったのでデッキの作成に不安がありましたが、ちゃんと作成することができました。
発注する前の段階で疑問や不安点を何度もメールで質問させていただきましたが、ほとんど当日中に詳しく丁寧に返信していただき、自信を持って施工に望むことができました。
作成時の一番のポイントは大引きを束に載せた以降はいろんな場所の水平を念入りに確認し、水平、直角を意識することです。穴を開けるドリル、皿取り用のドリル、ビス打ち用のインパクトドライバーは別々に用意するのがベストです。床板を設置してからはひたすら穴開け→皿取り→ビス打ちの繰り返しです。
また、「水糸」があれば水平の確認やビスと綺麗に一直線に並べて打つのも楽にできます。
お義父さん、妻にも手伝ってもらいスムーズに作業を進めることができました。
3人で協力して2日間、延べ20時間弱で完成することができました。
自画自賛ですが出来映えもプロ並みに仕上がり、ご両親も大喜びされていました。
こちらのデッキにして本当によかったです。
16ky-3[1]

↑このページのトップヘ