ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

No. H207

● 設置場所/千葉県 Kさん宅
● 組立時間/8時間(1人)
元の掲載ホームページ 

デッキの仕様は、MY-14(2460㎜×1775㎜)を購入しました。束石の配置と水平出しは、計算間違いで一度やり直したこともあり、4時間程度掛かりました。但し水準器の長い物を使用していたことから束石間の高さもバッチリ調整できたお陰で、その後のデッキ組立はスムーズに作業ができました。木材加工寸法の精度が高かかったこともあり、大きなトラブルも無く、インパクト1台と電動ドリル1台用意してたことから、短時間で組立できました。メール及び電話にて、色々と相談して決めた結果、素人が組立したと思えない程の見栄えの良いデッキが完成しました。中川木材産業様に依頼して、ほんとに良かったです。ありがとう御座いました。 
13mk-41[1]
 

No. H208 
● 設置場所/三重県 Mさん宅 
● 組立時間/4時間(3人) 
耐久性があり、メンテナンスフリーのウッドデッキがほしいと考えていたところ、インターネットで「ウッドデッキと木物屋」の文字を発見しました。ウリン材はやめたほうがいいと大工さんに聞いていましたが、組み立てキットで初心者にも作れるとあって注文することにしました。  残暑の厳しい中、キットを開封して作業場所まで運ぶだけで汗だくになりました。作業は妻と小学6年生の長男に手伝ってもらいながら、3人で2日間の延べ4時間位いで完成させることが出来ました。  束の高さが短く、専用金物を使用せずに、板ゴムを大引きに直接打ち込む方法だったため、作業時間が短縮されて組み立ても早くなりました。また、地面が砂利敷きであったことと、ホームセンターで購入した束石が大きめだったことで、束石の水平を取るのに一番苦労しました。途中、付属のドリルの接続部分が取れてしまうアクシデントもありましたが 、初心者の私達でも無事に組 み立てることが出来ました。  完成したウッドデッキはイメージどおりで、どっしりとした重量感もあって大変満足しています。今後は、焼杉の壁に合った落ち着いた雰囲気の色に変化していくことを楽しみにしています。無事に完成しました。ありがとうございました。 13mm-1[1]

No. A130

● 設置場所/埼玉県 Hさん宅
● 組立時間/5時間(1名)

 元の掲載ホームページ 

いろいろなホームページをみて、作りやすさと品質から、中川木材産業さんのキットデッキハード アマゾンシャラ(調整柄)に決めました。商品が家に到着したとき、数の多さと重さで、「できるかな?」と不安になりましたが、分かりやすいマニュアルと調整柄のおかげで、難なく作業が進みました。しかし、一人での作業だったので、鼻隠しの取り付けだけが大変でした。ジャッキが手元にあればよかったのですが、無かったので、床板のネジを緩めて、そこに小綱を引っ掛けて作業しました。出来上がったときの達成感は格別でした。デッキの重量感をみると、やっぱりアマゾンシャラにしてよかったと思います。

14yh-1[1]
 

↑このページのトップヘ