ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

千葉県 Oさんの体験談
21mo-1
庭木の伐採・抜根から防草シート張り、砂利敷きまで全て自分たちで行いました。
こうなったらウッドデッキも自分たちで組み立てたいと思い、インターネットを調べて中川木材産業さんのKitDeckに辿り着きました。
地面で水平をとる自信がなかったので高さを調整できる調整束のKitDeckラクーナにしました。
庭には排水升があったため束石と干渉しないか、高めの沓脱石がありサッシまでの距離が短いことなど、事前に色々とメールでやり取りをさせていただきましたが、丁寧に解答いただけました。
キットが届いてから束の設置~大引きの水平取りまでを大人3人(夫婦+友人)で2時間程度。
そこから先は妊娠8か月の妊婦がゆっくりと1日2~3時間、3日程度で(テレワークの夫に長物を支えるのを手伝ってもらいながら)完成させることができました!
庭は道路を挟んで公園に面しており、目線が気になったので手すり高めに設定(1100mm)しました。
掃き出し窓から手すりまで距離もあるので圧迫感など感じず、晴れた日には手すりにリビングのラグや布団をかけて干しています。
最初に注文した手すり横板では足りなかったので、近所のホームセンターで杉板を買って塗装し、2枚ほど追加しました。やはりホームセンターで売っている木材は節などがたくさんあり、中川さんの木材の質の良さを改めて感じました。
またレッドシダーは傷つきやすいので、キャンプ用のイスやテーブルを置くときにはラグを敷いて使っています。
2月に完成しましたがお天気の良い日も多かったので、子ども達とお好み焼きをしたり、イチゴフォンデュを楽しんだり、紅茶を飲みながら公園で遊ぶ子ども達を見たりとデッキのある生活を満喫しています。
21mo-2

設置場所/富山県 Mさんの体験談 組立時間はひとりで7時間

古くなった桧材のウッドデッキの作り替えを検討していたところ、中川木材さんのキットデッキに目が止まりました。
当初、ネット購入ということと自分で組み立てなければならないというところがネックとなりましたが、多くの方々のDIYでの製作事例と、中川木材さんへ問い合わせた際の、大変親切かつ分かりやすい説明をしていただけた点が決め手となり発注しました。
既存のバルコニーのアルミ柱を迂回するため別注も検討したものの、最終的には組立がシンプルな既成サイズのデッキを2つ合わせることに。
この時、桧材デッキでは床面の高さから舞台の上に居るような感じで周囲からの視線が気になっていたので、大手メーカーさんのカタログにあるような段床デッキにしました。
この際も、段床やステップの段差、デッキの重なり部分に関して、何度もメールしながら大変分かりやすく親身に相談にのっていただけた点は有り難かったです。
いざ、荷物が届いてから製作にかかるまでは、梅雨時ということもあり、上段と下段で分けて製作いたしました。上段では、ほとんど気づかないレベルですが少し失敗したかな?と思った点があったのですが、下段ではほぼ失敗することなくスムーズに製作を進めることができました。土間コンクリートの上に設置したため、水平をとるのは他の方々ほど難しくなかったのですが、1人での製作ということもあり、鼻隠しの取り付けに手間取りました。この点は2ヶ所をF型クイッククランプで押さえることで対応しました。
完成したデッキは、キットデッキと思えないほどの完成度の高さ、見映えのよさがあるものと思います。今後は後付けで手摺を付けようかと検討しています。
210212-to20sm-5



21kk-4

外単身赴任中のため外注することも考えましたが、一時帰国中に自分で作りたいと思い、注文させていただきました。

キットでも狭い設置スペースに上手く収まるのか、手摺を縦張りにできるかと言うメールでの問い合わせに、毎回すぐに丁寧に図を使って返信下さり、意匠性も考えて複数の候補を提示頂けたので、出来上がりをイメージしやすく理想通りのものができました。
仕様を決め、帰国に合わせて納品していただくようお願いをし、わくわくしながら帰宅しました。デッキの設置場所を決めるため、束と重い大引きを何度か仮組みしてわかったのですが、部分的に土台となる擁壁が実は水平ではなく、束石の設置や大引きの水平を取るのに苦労し、時間もかかりました。
キットの組み立は慣れてくると効率が良くなり、どんどん出来上がっていくとうれしい反面、つい施工中の写真を撮り忘れてしまいました。既存のフェンスとの取り合いが必要になったり、また擁壁下から一人で脚立に乗って重たい横板を設置するにはどのような手順で組み立てるのが良いのかなど、休憩中もあれこれ考えながらずっと楽しめました。
ドリルビットも付属していてインパクトドライバーだけで組み立てはできますが、途中から下穴にはドリルを使ったので効率よく作業ができ、通常なら必要のない現場合わせの部材の切断には丸ノコも使用しました。
正月を挟んだコロナ禍の帰国だったため、2週間の自主隔離中にどこにも行かずにデッキ作りに没頭でき、楽しく充実した日々を過ごせました。一旦完成しましたが、まだデッキ面を拡張したいと思いますので、また相談させていただきたいと思います。 東京都 Kさんの事例です。
21kk-6

↑このページのトップヘ