ウッドデッキ体験談(ハードウッドによる)

ウッドデッキを製作した人の体験談、小さな失敗、意見などを掲載していきます。

北海道 Sさん宅の実例
感想と写真をお送りします。 おかげさまでなんとかウッドデッキを完成させることができました。
今では、花や野菜のプランター、洗濯物干しにと活用させてもらっています。
製作にあたっての感想は、他の方もおっしゃているとおり、基礎つくりが非常に大変でした。わたしの作ったサイズでは16個の束を使用しますが、その全てを同じレベルに合わせるのに、なんども束をどけて砂利の増減を行うことになりました。 レベルを使っての調整でしたが、それでも2,3個の束が±5mmくらいは狂ってしまいましたが、わたしは大引と束との間にホームセンターで購入したプラ板を入れて大引同士でレベル調整を取りました。
あとは、ウリン材がとても硬く、ビス用の下穴を開けるのに何度も切り粉を取り除かなければならなかったこと、インパクトのバッテリーの消耗が激しく何度も充電しなくてはいけなかったこと、無理をしてキリを折ってしまったことなど丈夫さは判りますが、運ぶのも重くて大変ですし加工も一苦労しました。
--以下省略
--詳しくはホームページ施工例をご覧下さい。https://wood.co.jp/deck/example/example-deck/
200212-hrd

08say-1

2020年も2週目になりました。今年もこのプログではハードウッドのキットデッキを購入された方の事例で、ご本人の言葉での体験談と写真を発信してゆきます。主に2つのシリーズです。
キットデッキ ハード/ウリン
キットデッキ 選べるハード  (イタウバ/アマジンジャラ)
  2つのシリーズです。
サイズはそれぞれ47種類と300種類あります。

今回は奈良県 Aさんです。
● 組立時間/2日
以前は芝生で手入れに大変だったが、やっと開放されました。部材が届くまでに、基礎の束石設置で水平を取った心算でしたが、部材を置いてみると間違っており修正に苦労しました。 私1 人で暇を見て休憩しながら約1 週間です。キットデッキ組み立てのみは2 日ほどですが、手摺を途中でL字に変更しました。

08am-2[1]

兵庫県 Kさんの体験談  キットデッキ 
材質はウリン(アイアンウッド)です。

工程がシンプルでよかったです。金具が無く、ネジ止めだけで完成します。面取りカッターとドリルが付属しており、大変便利で、自宅で用意しなければならないのは電動ドライバー、水準器(iPhoneに初めから入っているアプリでとてもきれいにできる)程度でした。すのこは組み立ててあるので、地面に足場を置き、その上にすのこを受ける横板を置き、上にすのこを置いて止めるだけです。半端ない重さの木材なので(絶対に丈夫だろうと思います)、すのこの周囲3方の枠板を止めるときだけは一人ではできませんでしたが、それ以外の工程はすべて一人でできました。唯一難しかった点を挙げるなら、土台を固定し終わった後に、天板すのこの両端を固定する段階で、これらが平行かつ直角になっているかどうかを確認するのが難しかったです。注文してから完成に至るまで、分からないことを連絡すると丁寧に案内してくださり助かりました。高いと思われるかもしれませんが、それだけの価値のある商品だと思います。

↑このページのトップヘ